PC

印刷方法を選ぶ

看板を見る人や距離を考えた印刷方法選び

看板

バナースタンドではデザインを落とし込む方法に種類があり、それぞれ特色があります。それを理解しておく事で、コストとクオリティの照らし合わせが上手く行くようになります。現在人気にもなっているビニール製の素材を使ったものに、ターポリンと呼ばれるようなバナースタンドがあります。これは、インクを染み込ませるような感覚で作っているため、近くでよく見ると滲みなどの違和感を覚える場合があります。その代わり、遠目で見た時の印象は通常のインクジェットで出力した時よりもインパクトがあります。つまり、使用する場所で見てもらう人達と看板の距離や年齢層を考慮すると、どちらが良いのか判別出来ます。様々なメリット部分を考慮して、合理的な方を選択してみましょう。

汚れが付いた際の改善法

バナースタンドの中でも、インクジェットで表面に印刷する方式ではない場合には、管理方法を工夫する事で長持ちさせられます。基本的なインクの付け方だと、その面に水が浸透してしまうとかなりダメージを受け、最悪の場合は色が見えなくなってしまいます。しかし、ポリエステル繊維にしっかり染めている製法であれば、多少の水洗いが可能となっています。つまり、ちょっとしたジュースや鳥のフンなどの影響を受けたとしても、改善させられる余地があるのです。バナースタンドに汚れが見受けられた場合、その日の終わりにすぐ水洗いを行いましょう。その時に気を付けたいのが、全体に渡って水を浸透させる事です。一部だけだと全体で見た時に違和感を生じる可能性があるため、その点だけ注意して作業しましょう。